イメージ画像

看護師が転職する場合の注意事項

近頃は、転職する看護師の増加がとまらない傾向がみられます。
医療協会によると転職者の80パーセント以上が看護師在籍中から
転職活動を行い、再就職しているというデータがあります。


ここでは、看護師が転職する場合の注意事項について考えてみましょう。

看護師の転職は他業種に比較すると、凄く有利だといわれますね。
けれども、退職をして再就職するための事前活動は不可欠です。
転職に関するノウハウや基礎知識を身につけておくことはとても大切です。

「現在の職場を円満に問題なく退職できるのか?」
これが看護師が転職する活動でもっとも不安を持っている部分でしょう。


全国どこの医療機関も看護師不足を抱えているのは現実的な問題です。
医療機関の視点で考えれば、慣れている看護師に退職されると打撃は
計り知れません。即戦力がなくなる訳ですから致命的です。

だから退職を説得させられるでしょう。引き留め交渉があるかもしれません。
「次の看護師が見つかるまで、退職をのばして欲しい!」
「キチンと業務を引き継げるまで……。」

あれやこれやの理由をつけて、数ヶ月も退職日を先延ばしにされる例も
珍しいことではないようです。法律的には、就業規則に関係なく、
退職の意思表示をして2週間後には退職が認められることになっています。

けれども、円満に退職するには就業規則は最低限度守る必要があるでしょう。
退職願を提出してから退職までに、どの程度の日数がかかるのかを確認して
おくと良いでしょう。


このような色々な不慣れな点が多いですから、看護師の転職サイトに
登録しておいて専門的なアドバイスを得るのが最も有効な方法です。
どちらにしても、あなたの転職目的をしっかりと持っておきましょう。

「転職をして何をしたいのか?」これが上手く伝えられるかどうかが、
転職が成功するかどうかのポイントになるでしょう。

看護のスキルも大切ですが、患者様に対しての接遇能力とか説明能力が
評価されて転職に成功した例もあるようです。



以上のように、看護師が転職する場合の注意事項は様々あるようです。
ケースバイケースで色々なことがあると思います。看護師の転職サイトを
有効活用すると的確なアドバイスを貰えますのでオススメです。

このページの先頭へ