イメージ画像

看護師友達からの転職紹介のメリット・デメリット

転職を考えたことがある看護師は80パーセント以上にも昇ると
言われてます。転職先を探すのは色々な方法があります。

新聞や雑誌の求人募集やインターネットの日勤常勤看護師専門転職サイト
やナースバンクなどです。意外と看護師友達からの紹介も結構あるんです。

ここでは、看護師友達からの転職紹介のメリット・デメリットを
考えてみようと思います。

もしも看護師友達からの情報があなたの希望を叶えるならば、
紹介していただくと良いでしょう。

まずはメリットの方から考えてゆきます。
紹介による求人情報の特徴として一般に公開されていない情報が多いです。
だから他の看護師と競争になることは少なく、すんなりと転職できる
ケースが大半です。

そして紹介してくれた看護師がその医療機関/病院で勤務していれば、
いろんな情報を教えて貰えるメリットがあるでしょう。
実際に仕事をしていなくても、詳細な情報を持っているハズです。

こういったことは他の求人探しでは絶対にないメリットになります。
実際に仕事をしている看護師から直接話しを聞けば、最も信憑性が
高い情報になります。

なぜならば、新聞や雑誌に掲載れている求人は、
どうしても良く見せようとする傾向にあるからです。

騙そうとしている訳ではないのでしょうが、良い部分が強調されすぎて
しまいます。

その結果転職後に「話しが違う!」というトラブルになったりもします。
最悪は、転職した後なのにすぐに退職してしまうケースもあります。


そんなケースにならないように、採用側ではなく看護師の立場で
生きた情報を知れるのは貴重です。そして友達を通じて、
あなたの希望条件を言いやすいという面もあるでしょう。

次に、デメリットの方を考えます。
確かに生きた情報であるのは間違いないです。しかしながら、
その情報が客観的に見て正しいかどうかは別の次元の話しです。

要するに、個人の意見というのは主観が入ってしまいがちだということです。
だから友達の情報を鵜呑みにしてしまうのはリスクもあります。

給与面などや有給休暇などのデリケートな内容を友達を通じての
条件交渉はやりにくい面もあります。
身近な友達だからこそ、内緒にしておきたい事もあるんです。

そして、転職したあとに人間関係が上手くいかない場合は、
その友達との関係までギクシャクする場合があることです。
退職するとかになってしまうと、友達にも職場にも迷惑がかかります。


以上のように友達からの紹介で転職する場合は、とても楽な転職方法でも
ありますが、デメリットの部分も多いということを想定しておいたほうが
良いでしょう。なかなか転職は簡単にはいかないということですね。

このページの先頭へ