イメージ画像

医療機関が望んでいる看護師

我が国は、慢性的な看護師不足に悩まされています。
病院や医療機関は看護師の確保に躍起になっています。
では、どういった看護師が求められているのでしょう。

このページでは、医療機関が望んでいる看護師について解説しましょう。

看護師の転職といっても一般の転職と経験年数が求められるのは
同じです。最も希望されるのは医療現場での経験が3年から5年程度
の看護師でしょう。

職場に入っても、すぐに即戦力になるタイプの看護師です。
そんな看護師ならば教育も研修も時間がかかりません。
医療現場で実際に仕事をしながらOJTで充分にこなしてゆけます。
病院側としても理想的です。

看護師経験が10年以上のベテラン看護師も希望されています。
チーフやリーダー、主任や看護師長として若い看護師を指導していく
立場としてとても貴重な存在です。

医療機関や病院はいろいろですが、人間関係や看護の基本的な
部分は共通しています。

だから経験年数のある看護師は、引く手あまたです。
競争率は高いですからなかなか希望どうりにはいかないです。

そんな状況ですから、近頃では看護師経験が一年に満たない看護師や、
ブランクがある看護師もどんどんと採用しようとする傾向にあります。

新人看護師のための教育研修やプランクを埋めるための研修や
フォロー体制が整備されています。

トレーニングの内容や時間をたっぷりととって看護師の採用をしやすく
工夫されています。ブランクのある看護師はやはり自信がないのです。

当然ブランクがあれば、知識やスキルも忘れてしまっているでしょう。
そういった事は現場でひとつひとつ修正して行くしか方法がないです。

ブランクがある看護師は、看護師のハローワークとして立ち上げられた
ナースバンクをつかって研修を受けるという選択肢もあります。

次のような研修があります。

・医療知識とか医療スキルをアップする研修。
・コミュニケーション能力を磨く研修。

積極的に参加するのも良いキッカケになるでしょう。


以上のように、医療機関や病院からは色々な経験のある看護師を
必要としています。受け入れ体制も徐々に整備をされています。
看護師の転職・復職に関してはナースバンクを使う方法もあるよう
ですので活用してみましょう。

このページの先頭へ